2020年10月01日

こういうの泣ける

ガイコクの出来事ですが、血液のガンになった男性が、配達物が来ても玄関までいけないので、そのむねを書いて玄関先に置いておいたら、アマゾンの配達員が配達物を置いて、また戻ってきて、そこには花束とメッセージカードがあったのだそうです。
ここまで書いてて、思い出して涙がーー。。。。

励ましのメッセージと花束。
感動!!
後日、配達物はないのにその配達員はその家にやってきて、窓越しにがん患者さんをはげましたのだそうです。
そこにいた家族が撮った写真があって、それ見てまた涙ーーー。
なんかね、、こういうのに弱いんですよねー。
感動ーーーー!

でもね、こういうニュース(これはフェイスブックだったが)ってどんどん流してほしいです、嬉しいじゃないですか。それに、とってもいいことだし、感動出来ます。
日本でもこういうのがあるといいなーー。
(配達員、怒られちゃうのかな、、日本って世の中でこれをすると、、仕事中だぞ、って??)

2020年09月01日

ジン

ジンというお酒、、、夏は冷やして飲むと美味しいですよね、そんなジンにはまっています。
だから何、って話ですが。
昨日も買ってきて、ちびっと飲んでみたのですが、なんて美味しいこと!
あとは割るお水があれば最高ですね。
レモンとかもね。
ということで、ジンを楽しみにして過ごした夏でした。
コロナのことで気持ちが映えないのでね、ジン飲んでテンションあげていく、みたいな(あ、ちがう?)。

テレビを見ていて、陣が好きな投資家が、ジンを使ったカクテルのビジネスに目が輝いていたのを思い出します。
そのビジネスに投資をしたかどうかは覚えていないのですが、おそらくしたんじゃないかな。
ジン好きっていますから。
このように投資家に多いですよ(当社比)。
私は投資家ではないですがね。

2020年08月01日

ゴールデンサークル

今日、ある人から「ゴールデン・サークル」について聞きました。
とっても興味深いものでした、、と言っても内容はまふだ奥深く調べてなくて、さらっとだけ聞いたのですけどね。
これだけでもなんかすごいものを聞いてしまったような感じになったので、これはすごいのだと思うのです。
すんごくシンプルにいうと、「人は「何を」ではなく「なぜ」で心を動かされる」というものです。
これってよくリーダーシップでいうセオリーなんだそうです。
すごく分かりやすいサイトがありましたが、各自でわかりやすい、わかりにくい、は変わるので、それぞれ調べてみてください。「ゴールデン・サークル」です。

アメリカ人かな、、が、唱えた理論で、有名だそうです。
私はしりませんでしたが。。

2020年07月01日

自分が分かってないので。

人々から「これを紹介してほしい」と言われて困っています。
なんでもいいかってそうでもないし、誰に紹介するのかも、対象をまずしぼらないとね。
私は友達に紹介してるので、変な物紹介して嫌われたくないですから。

なかには「なにこれ?」というのもあって、自分が分かってないのに人に紹介なんてできないでしょ。
これはまずは自分が理解しなくてはいけないわけだけど、

“そんな時間ないんですよーーー!!”

なんの得にもならないことを、時間をさいてどうしてそんなことしなくちゃいけないのだーー。
ということで、そういう面倒なものは無視です。
あとになって「時間なきうてー。ごめんえー」とでも言いますわ。
みんな、、自分でやればいいではないか、どうして人を頼るのだ。
SNSを駆使してやったらいいだけのこと。
出来れば、分かりやすいもので、私でも興味が持てるものなら、まだしも、、ですので、そういうのでお願いします。

2020年06月01日

濃厚チーズケーキ

宣伝ではあったけど、だからこそものすごく美味しそうに撮ってあったんですが、
普段は食べないチーズケーキがやたら食べたくなってしまった。
写真の高価ってすごいね。
とはいえ、普段はどんなに写真が素晴らしくてもチーズケーキなんて絶対に食べません、
カラダの具合でも悪いのかなーー?

濃厚チーズケーキってタイトルでした。
どこのメーカーで、どこで買えて(ネットかな?)、いくらなのかさっぱり知りません。
ただ「あーー!食べたい!」ってなりました。
ケーキ好きなら速攻買ってるんじゃないかな。

あれ、、目の前にあったら私も買って食べてましたよ(体調悪い??)。
それくらい美味しそうでした。
チーズって臭いじゃないですか?でもその匂いも(じっさいには匂いはしないけど)
「美味しそう!」ってなってましたからねーー、不思議だ。


、、、病院行った方がいいか??

チーズケーキは家でも簡単に作れますけどね、まずあの匂いが、、、、嫌だーー。
でも好きな人には「よだれーー」なのかも。

2020年05月01日

押しが強い人

男性に遊ばれやすい女性の特徴の1つに、
・押しに弱い
があるようです。
では、押しが強い男性ってのは女性と遊べる確率が高いってことです、、かね。

あなたは押しの強い男性ですか?
あなたは押しに弱い女性ですか?

押しが強い相手で、自分が押しに弱いと、遊ばれるっていうのもおかしい気がするけど、でもそういう例なり、データなりが出ているのではないかな。
必ずしもそうだとは思えない。

遊ばれる女性の特徴としては、とにかくブランド志向、プライドが高い、お姫様扱いされなきゃダメ、みたいなのもあるように思います。

そしたら、お金がそこそこあって、お姫様扱いしたら男性は女性と遊びたい放題です。
じっさいそうなんじゃないかなー。
ホストなんていい例では?
押しが強くないと出来ないですよね、あれって。。

自分は大丈夫、なんて思っているといけないですが、
押しに弱くないし、ブランドものが好きではない自分はまず大丈夫かな!!笑

2020年04月01日

魚嫌いが多い

島アグニなのに、イギリスではサカナ嫌いが多いんです。
ほとんどが輸入で、新鮮でおいしいサカナがないから、っておもってます。
それを証拠に、サカナ嫌いでも、日本で美味しいサシミなど食べるととても感動するらしいから。

新鮮かどうかの違いも分からないんじゃないかなー、、。
あとは、サカナ独特の臭みが嫌だ、ってことで、
サカナ料理じゃないもの、、たとえば、カツオダシを使ったものも
「臭い」といって残すそうです。
どうしようもないね、これ。

すごい家では、味噌汁を作っただけで「臭い」といわれ、
誰もいない時にしか作れなくなったとか。
同居して、家で仕事してたら誰もいない時なんてないのに。
そんな家庭事情じゃなくてよかったー。

欧米では同居ってあまりないと思ってたけど、まれにあって、そうなると大変なので、
、、、なるべくなら同居はしないに限りますな笑
日本でもね。

サカナが食べられないなんて残酷だーー。
そういうの、ちゃんと理解示してほしいよねー。
魚のない国なんてないわけだし。

2020年03月01日

何を着たっていいとは思うが。

あの、メーガンさんは時々(いや、ひんぱんに、か)ファッションでも怒られる。
イギリスのメーカーとか、イギリス人がデザインしたものを着ないって。
まーね、確かに、もしイギリス人のデザインのものを着たら皆嬉しいし、
イギリスのメーカーのを着たら会社も喜ぶ、
経済にも貢献することになるんだよね。

でも、他のものを着て公の場へ出るから非難の的になるのだ。
かわいそうとも思えるけど、少しはイギリスに貢献もしてほしいとも思うのであった。

だって、そんなの最初から分かってることでしょ?
(メーガンは分かってない、って噂だけどね)

イギリスのロイヤルに嫁いだんだよーー!
ただ好きな人と一緒になった、だけではないのだ。
産腰は考えてほしい、考えているのかもだけど、もっとわきまえてほしい。
個人的な意見ではあるけど、声を大にしていいたいのだ。

基本的に何を着たっていいとは思うよ、、でもね、、ってところです。

2020年02月01日

いだてん

恥ずかしい話なのですが、実は「いだてん」が何なのか知りません。
テレビドラマtだって事は知ってますけど、内容はさっぱり。
調べながらこれ書いてます(笑)。

オリンピックの話ですね。
マラソンの話ですね(笑)。

さー、、、ここからです、どんなストーリーなのだ?
じっさいにあった話なのだと想像してましたが、、、違う?みたい?
すごい話が長いので、途中で読むのが嫌になりました、、、汗、、許してほしい。
ドラマを見たらいいのだけで、見る事が出来ないので苦しい。
やはりこうなったら本を読むしかないね。
「いだてん」で出て来るのだろうか?アマゾンにある?

興味はあるけど、時間がない、、、、汗

ちょっと気になったのは、「マッサン」で出たシャーロットさんも出ているんですねー。
彼女の事は知っています。
「まっさん」も、ちょっとチャンスがあって少し見ました。
まったく日本語が分からない状況から、よくもあそこまでうまくなっていきましたねー。
すごいです!
シャーロットさんが出てるって分かった時点でもっと興味がわきました。

2020年01月01日

誰もが行ってます

タレントさん(??)のタナカさんって人が、ジムで鍛えてる姿を公にして、
そこにけっこうな反響があったらしいのです。
キレイ!とか、すごい!・・みたいな。

でも芸能人ならだれでも、頻度の差はあれどジムには通っているはず。
こっそりと個人とれいなー雇って家でやってる人も多いと思う。

そうしないと体力も続かないし、それこそ「キレイ」な身体は出来ませんから。
私は、あの聖子ちゃんだってこっそり何かしてると思ってます。
筋肉がもりもり、なタイプではないけど、おばさん体形にはなっていくので、
ぜったいに何かの対策はしてますよ。

「筋肉もりもり、にしないで」というトレーニング法もあるんです。

野球選手(元)のシンジョーさんは、お知りが大きくなるのが嫌で、
「お尻が大きくならないトレーニング」ってのを、トレーナーつけてやってたという噂です。
こうして、皆やってます。
和田アキ子さんも一時は通っていましtら、今も続けているのかもです。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38